ホリデーシーズンに日本から遊びに来たお友達家族とのzoo。

きりんにもゾウにもえさをあげられて、2歳のお兄ちゃんも喜んでた

朝待ち合わせ時間を決めて、それからでも気軽に行けて楽しめるzoo、すばらしい。

 

(先日オトモダチと行ったバードパークもやっぱり当日の朝に「行こうか」って決めたし。)

しかもあの動物達との距離感。

 

小さくても子供たちなりに何かを感じれるんじゃないかしら。

お勉強が大変だと言われるシンガポールの子供たち。

 

生活の質ではそれでも恵まれていると思うなー☆

Author Profile

Eri
シンガポールでLuxenity (ルクセニティ)という小さな会社と、港区で心の自立した女性達の交流サロンと養成所を運営しています。

ファッションの心地よい空間づくりだけでなく、「知的に品良く美しく。」思いどおりのライフスタイルを楽しむヒントをお届けしています。